シッター中にわいせつ!使用したアプリは何?支援ボランティアでも犯行!

ベビーシッター中に幼い男児にわいせつな行為をしたとして

無職橋本晃典容疑者が逮捕されました。

ベビーシッターという立場を利用した犯行は本当に悪質ですね!

報道によるとアプリを使ってベビーシッターの依頼を請け負っていたそうです。

事件の詳細や利用したアプリについて調べてみました。

Sponsored Link

ベビーシッター中にわいせつ行為!アプリ利用!

訪問保育中に男児(5)の下半身を触ったとして、警視庁は、東京都練馬区北町1丁目の無職橋本晃典容疑者(28)を強制わいせつの疑いで逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。

橋本容疑者はベビー・キッズシッターと利用希望者をつなぐアプリに登録し、男児の両親から保育の依頼を受けていた。同庁は複数の子どもが性的な被害を受ける動画などを確認しているといい、橋本容疑者が同様の手口で低年齢の子どもに近づき、こうした行為を繰り返していたとみて調べる。

捜査関係者によると、橋本容疑者は昨年11月14日、東京都中央区のマンションの男児宅で、男児の下半身を触るなどした疑いがある。前日にアプリを通じ、体調が悪い男児の保育を両親から請け負ったという。

出典:朝日新聞デジタル

また報道によると橋本容疑者は過去にも逮捕されています。

昨年、川崎市で行われたサマーキャンプにボランティアスタッフとして参加。

ここで当時小学2年の男子児童(8)に性的暴行を加えていたそうです。

ベビーシッターやボランティアという立場を利用した行為で本当にひどい犯行です。

子供を持つ親御さんたちは恐怖や怒りをおぼえますよね。

体調が悪い男児…になんて事してるの?
最低なんてものじゃない
ずっと閉じ込めておいて欲しい!

今年の1月に小学生男児に対する強制性交で逮捕された人間が、既に世の中で普通の生活を送ってることに衝撃を受けた。
犯した罪から考えて、刑罰が軽過ぎる。
だからこんなことが起きる。

ボランティアもいろんな人間がいるから自分は信用してない。
お金を払っても
身分のしっかり確認できる人に頼みたい

シッターマッチングアプリにも批判の声

今回の犯行はベビーシッターのマッチングアプリを利用して依頼を受けていたそうで

そういったアプリの身元確認の甘さに批判の声が上がっています。

性犯罪の逮捕歴があるのに、シッターの登録ができるシステムが問題。運営会社の責任も問われるでしょう。
前回の逮捕から3ヶ月ほどしか経っていないし、どうせすぐ社会復帰するのだから、顔も公表してほしい。

子供を預けるボランティアシッターなのに、運営するアプリ側でシッター登録者の身元確認しないの?
最低でも保険証や免許証コピーと住民票の提出を義務付けで、登録前に児童虐待や性犯罪歴がないか調査してから登録完了にしないと、この手の犯罪は止められないよ。
昔、幼い子供が殺された事件もあったよね。いい加減、国として法整備するべきだと思う。

今回はわいせつ目的でしたが

殺人や暴行、誘拐などといった事件の可能性もあり本当に怖いですね。

シッターが使用したアプリは何?

これ、どこのシッターマッチングアプリなのか明記して欲しい。
最近の休校、休園で利用者も増えているだろうし、適当な審査や研修もなしに登録できるならアプリの運営元にも責任があるのでは?

橋本晃典容疑者が使用したアプリに関して調べてみましたが、現時点ではまだ判明していません。

アプリの運営会社がコメントしてくれればいいのですがおそらくそれはないでしょう。

調べてみたところマッチングアプリがあるベビーシッターの会社は

  • キッズライン
  • キズナシッター
  • スマートシッター

ネットではキッズラインではないかといわれていますが確定ではありません。

情報が入り次第追記していきます。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする