ドラマ【M愛すべき人がいて】3話見逃し無料視聴!感想まとめ!

歌手の安斉かれんさん、俳優の三浦翔平さんダブル主演の連続ドラマ

【M愛すべき人がいて】が話題です。

80年代の物語で令和の時代に何を見せられているのかなんて声も

また、水野美紀さん演じるカリスマトレーナー「天馬まゆみ」もトレンド入りするなど盛り上がりを見せています。

3話の展開も楽しみですね。

そんなドラマ【M愛すべき人がいて】3話の無料見逃し視聴方法と感想をまとめました。

>>ABEMAプレミアムで【M愛すべき人がいて】を全話視聴する

Sponsored Link

【M愛すべき人がいて】3話あらすじ

レコード会社A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)は、流川翔(白濱亜嵐)がプロデュースする4人組ガールズグループにアユ(安斉かれん)を追加して5人組でデビューさせるとマサ(三浦翔平)に告げる。反論するマサだが、決定事項だと一蹴されてしまう。会社の決定になすすべもないマサは、アユにガールズグループのセンターとして4月8日にデビューすることが決まったと報告する。ソロでのデビューを夢見ていたアユは、複雑な気持ちを押し殺して無理に喜んだふりをするが…。

翌日、マサは会議にアユを連れて行き、役員たちの前でソロデビューさせると告げる。しかし、大浜やほかの役員たちは、アユを見て口々にこき下ろし始める。何を言われても笑顔で耐えるアユの姿を見たマサは、アユが売れなかったら会社を辞めると宣言する。
一方、マサの秘書・礼香(田中みな実)は、「あなたは泥棒の手をしている。私の大切なものを奪わないでね?」とアユに宣戦布告し…。

ある時、ふとアユが語る言葉の数々を思い出したマサは、アユに歌詞を書いてみるよう指示。彼女の紡ぐ言葉が人々の心に響くと考えたマサは、アユを“アーティスト”として売り出そうと考えたのだ。作詞なんて無理…と弱気になるアユだが、祖母・幸子(市毛良枝)の励ましを胸に、自分の思いを歌詞に込める作業に没頭する。
アユが初めての作詞に四苦八苦する中、心の支えでもある幸子が倒れてしまう…。

【M愛すべき人がいて】3話無料見逃し視聴

テレビで見逃した方は見逃し動画配信などを行っている動画配信サービス【ABEMA】で無料視聴できます。

「M愛すべき人がいて」のドラマの動画は、「Abemaプレミアム」で動画配信がされています!

Abemaプレミアムなら、登録するだけで1ヶ月無料お試しでき「M愛すべき人がいて」をフル無料視聴することができます。

※無料期間中の解約なら料金はかかりません!!

ぜひ利用してみてください。

>>ABEMAプレミアムで【M愛すべき人がいて】を全話視聴する

【M愛すべき人がいて】3話感想まとめ

放送後に追記していきます。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする