DA PUMP [U.S.A]はなぜ人気?つんくやハロプロとの関係とは?

DAPUMPが新曲[U.S.A]をリリースしてから勢いが止まりません!!

初期のメンバーがISSAしか残っておらずすでに終わってしまった感のあったDAPUMPでしたが動画再生回数は現在も増え続け、見事に再ブレイクを果たしました!

そんなDAPUMP再ブレイクのきっかけである[U.S.A]はなぜこんなに人気なのでしょう。

人々を引き付ける理由について考察してみたいと思います。

また、人気理由のキーワードとなる「ハロプロ」「つんく」についても調べてみました!

Sponsored Link

DAPUMP[U.S.A]について

まずは既に何回も観てる方も多いと思いますがMVから見てみましょう!

すでに私も何回も観てますが聞けば聞くほどクセになります!

この何とも言えないダサさとそれに見合わないクオリティーの高さ!

ちなみにこの曲には原曲があるそうです!

詳しくはこちら↓

DAPUMP「USA」がダサいのはわざと?実は原曲が存在していた!

Sponsored Link

[U.S.A]人気の理由はハロプロ?つんく?

人気の理由にはハロプロが関係していると言われています。

実は動画公開当初からダサに反したクオリティーの高さや、変にハマってしまう泥臭さを

ハロプロの楽曲に通じるもの感じたハロプロファンの間でかなり話題になっていました!

ちなみにハロプロファンの間では、つんくさんが作るような初めは「ん?」ってなるけど何回も聴いていくうちにクセになってしまうような曲を「スルメ曲」というそうです。

U.S.Aはまさにその「スルメ曲」だったんですね!

先日放送のFNSうたの夏祭りでは実際にモーニング娘とのコラボ出演してかなり話題になっていましたね。

さらに渡辺直美さんやブルゾンちえみさんなどSNSで人気の芸能人が紹介したため爆発的ヒットとなったのではないでしょうか。

これはバブリーダンスが流行った時の流れと似たものを感じますね。

あえてダサく。それがハマる。さらにSNSで流行。

USAゲームなるものも流行っているらしいですよ(笑)

しかし、久しぶりの新曲リリースでこの賭けといってもいい大胆な仕掛けには驚きですね。

ダサいがゆえにDAPUMPというグループの個々のパフォーマンスの高さが際立った結果となったんでしょうね。

まとめ

一躍大ブームとなったDAPUMPの[U.S.A]ですが音楽としてのいろんな形が出尽くした今だからこそ逆に新鮮に感じるのかもしれません。

話題性や中毒性、真似しやすさも今のSNSの時代とマッチして、もしこれをすべて狙っていたとしていたらすごすぎます。

DA PUMP 「U.S.A」の作詞作曲、MVの監督は誰?ダサかっこいいの仕掛け人!

しかし、次の新曲は出しづらくなりますね。

昔からDAPUMPは好きなので一発屋にならないことを願っています。

Pocket

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする