タイムズカーシェアリング、ガソリン代は無料?ホテル替わりに便利!?

最近注目を集めているタイムズカーシェアリング。まだ、どうやって使うのかわからない方が多いと思います。そこで、実際に登録、利用してみて使い方や、利用料金、感想などをお伝えしたいと思います。また、思いもよらぬ特殊な利用法もあるみたいですね。

Sponsored Link

登録方法は?

個人入会の場合は、4つの入会方法があるみたいですね。今回は個人入会の4つを紹介したいと思います。

インターネット入会

WEBのみで入会に関する登録が完結するものです。店舗まで足を運ばずに入会できるのがとても便利ですね。

クイック入会

WEB上で必要事項を事前に入力し、全国のタイムズカーレンタルの店舗で入会手続きをするものです。

説明会

全国のタイムズカーレンタルの店舗にて入会手続きするものですね。

無人入会機

WEBで事前登録をし、24時間、最短10分で入会手続きができます。

私はこの方法で登録しました。24時間ってところがとてもありがたいですね。私が使った無人機がコンビニにあり、カメラを見たりと少し恥ずかしかったですけどね笑

ガソリン代は無料!?利用方法は?

まずは予約

予約はスマホ、パソコンから24時間出来ます。5分前でも予約出来るので急な利用も可能です。

解錠

ステーションに行き、会員カードをかざすとドアロックを解除出来ます。後部座席の窓かリアウインドウにカードの読み取り部分があります。

ドアロック解除後助手席前のグローブボックス内に車のキーが入っています。これで自由に借りた車を使えますね。

Sponsored Link

給油や洗車について

ガソリン代は?

ガソリン代は基本的に無料です。ただ燃料計が少なくなってくると給油の必要があります。車内に専用の給油カードがあるのでそれを使い給油、洗車をすることになります。

給油や洗車をすると割引が受けられるので給油した利用者の方が料金的に損することはありません。

20リットル以上の給油で15分の料金が割引になります。洗車も15分の料金割引です。両方すると30分の割引になります。

*ただしショートメニューの利用のみの適用でパック利用の場合は割引は適用されません。

*一度の利用で給油、洗車は一回までとなります。

利用可能なガソリンスタンド

ENEOS

コスモ石油

出光興産

エッソ

モービル

ゼネラル

ギグナス石油

太陽石油

返却について

返却はとても簡単です。キーをもとに戻し、会員カードでドアロックをすれば返却完了です。利用時間に余裕を持って返却出来るといいですね。

利用料金について

利用料金は基本的にクレジットカードでの清算になります。

料金はパック利用とショート料金にわけられます。5時間以上使う場合はパックの方がお得だと思います。

ショート料金

ショートは15分単位での料金になります。

ベーシック(デミオ、プリウスなど)

206円/15分

プレミア(Audi、MINIなど)

412円/15分

ショート利用の場合は開始時刻から返却時間までの料金計算になります。予約の時間より早く返却すればそこまでの利用料金のみになるので安心ですね。

パック料金

パックは6時間以上のプランでベーシック、プレミアムのクラスにかかわらず同じ料金になります。

6時間パック 4020円

12時パック 6690円

24時間パック 8230円

アーリーナイトパック(18〜24時)  2060円

レイトナイトパック(24〜翌9時)   2060円

ダブルナイトパック (18〜翌9時)  2580円

6時間パック以外は16円/走行kmの距離料金が加算されます。

Sponsored Link

特殊な利用法、終電を逃した時に使える!?

実はこのカーシェアサービス、ナイトパックがかなりお得な料金で利用できます。タイムズは日本全国いたるところにあります。なので終電を逃した際近くのタイムズを検索しナイトパックでレンタルすればホテル代わりとして利用できますね。ロックもでき、冷暖房完備。おおきめの車を借りれば広々使えますね。距離料金はかからないので心配いりませんね。ただお風呂には入れませんが…

このように面白い利用方法もあるみたいですね。

使ってみた感想

実際に使ってみて、やはり手軽に借りられるという点がかなり便利でした。また、車をお持ちでない方はちょっとした買い物(大きな物や重たい物)をする際にとても重宝しますね。首都圏では駐車場の料金も高いですし、車の維持費を考えると仕事などで車を頻繁に使わない限りカーシェアの方がお得なのではないでしょうか?

私はこれからも使い続けたいと思います。

Pocket

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする