CAHIはブサイク!ブスすぎると話題!?それでも人気の理由は?

最近じわじわと人気が出ているガールズバンド「CHAI」

海外では絶大な人気があり「NEOかわいい」「コンプレックスはアート」というキャッチコピーで日本でも話題になっています。

先日ミュージックステーションにも出演した際のタモリさんへのタメ口もいろんな意味で話題になってましたよね、、(笑)

そんな「CHAI」ですが、

ネット上では「ブサイクすぎる」「CHAIムリ」などの声も上がっているようです。

そこで今回はそんなSNSでの反応や、それでも「CHAI」が人気な理由を掘り下げていきたいと思います。

Sponsored Link

プロフィール

まずは簡単なプロフィールから見ていきましょう

引用:http://chai-band.com/

「CHAI」は2012年にボーカルである双子のマナ、カナを中心として結成されました。

その後、高校で出会ったユナ(ベース)と大学で出会ったユウキ(ドラム)を誘い現在の4人となります。

はじめは名古屋を拠点に活動していましたが

アメリカで開催されたコンテスト『グランプリ、いきなり米国フェス出演オーディション』でいきなりグランプリを獲得!!

そのまま全米ツアーを行い、現在は東京で活動をしています。

海外での人気のほうが高いのは全米デビューのほうが先だったからなんですね!

なんという衝撃デビュー!!すごすぎます!!

そして、これはいわゆる逆輸入ってやつですね、、

日本人はどこかでお墨付きがついたものには弱いですからね、、

SNSでの反応

ここからはSNSでの反応を見ていきたいと思います。

かなりきつめの意見が多いですね、、

やはり世間はブスやブサイクには厳しいのか、、

ガンバレルーヤはつまらない?気持ち悪い?生理的に無理との声も!

しかし、好意的な意見もかなり上がっていて

「CHAI」の人気の高さが伺えます!

「CHAI」はコンプレックスはアートと掲げており

こういった賛否両論が出るのは仕方ないことではないでしょうか。

Sponsored Link

それでも人気の理由は?

「CHAI」を初めて見たとき正直私もブサイクだなと思いました。

それは一般的な「可愛い」というものが固定化されている証拠でもあると思います。

しかし、彼女たちは

自分たちは一般的にかわいくないし体形もそこそこで、良いも悪いもないし完璧じゃない人だからコンプレックスが歌える。

完璧じゃないからできる音楽がある。人は絶対何かひとつかわいいものを持ってると思っており、その部分を「NEOかわいい」と言って広めたい。

と言っており、自分たちが一般的には可愛くないと一番自覚し、

コンプレックスを受け入れた上で、固定化された「可愛い」というものの概念を壊したいと考えているのではないでしょうか。

それがコンプレックスを抱えた人たちに響くのかもしれませんね、、

彼女たちの掲げる「NEOかわいい」の本当の意味と音楽性に惹かれるものはあると思います。

感じ方は人それぞれですが、それらが「CHAI」の人気の理由なのではないでしょうか。

今後、彼女たちが世間の意見をどのように変えていくのか楽しみですね!!

Pocket

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする